10月会議法例会

2021年10月11日(月)、まちなかコミュニティセンターにおきまして「10月会議法例会」が開催されました。佐世保市の感染レベルが低くなっていることを受け、感染防止対策を徹底することで5ヶ月ぶりに多くの会員が顔を合わせる例会を実施することができました。

企画タイム

会社や様々な団体において、意見を求め、あるいは結論を得るために会議が行われています。 会議には様々な手法があり、場面に応じた的確な手法を用いた会議を行う必要があります。

今回の企画タイムでは、会議の主催者として議論を導き、また参加者として議論を行うための土台となる会議の手法を知り、理解を深めるために、様々な会議法を学ぶ機会となりました。

まずはじめに会議法の種類や特徴、そして会議に合わせた用法などをスライドを用いて会員研修委員会の最終年度 新井孝平君が発表しました。

模擬会議

会議法について理解を深めた後は、与えられたお題にあわせた模擬会議の実践です。お題は「島瀬公園にどのような施設を作ればこれからのこのまちの魅力となりうるか」委員会グループに分かれ、ブレーンストーミングとKJ法を用いディスカッションを行い、各グループからでたアイデアを発表しました。

10月例会では6名の新入会員に入会いただき、理事長よりJCバッヂの授与をしていただきました。

本年は残り僅かとなりましたが、11月12月と控えている事業もあり、委員会で協議する機会は増えてきます。

場面に応じた会議の方法を理解し、また、学んだことを実践することで会議の手法が身につく例会となりました。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 新入会員研修

  2. 一陽来復(いちようらいふく)

  3. 4月例会を開催しました

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP