5月結束例会実施しました

5月10日(月)佐世保商工会議所3Fにおきまして5月結束例会を開催しました。

例会では新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入場時の検温、手指消毒やマスクの二重着用などの基本的な感染対策、アクリル板の設置などに加え窓を開け十分な換気を行なった会場にて行なっております。

より一層、活力をもって活動を進めていくために

3月の活動再開以降、活動により新型コロナウイルス感染症の中においても本年度の活動と運動を推し進めるために、会員同士の交流を深めることを目的とした企画を実施しました。

新入会員の入会

5月例会では4名の新入会員にご入会いただきました。新入会員にJCバッチの授与を行い、新入会員の大久保くんに宣誓書を読み上げてもらいました。。

企画タイム

今回の例会では会員同士の交流を図る為、フィンランド発祥のスポーツ「モルック」をチーム対抗で行いました。

モルックは1から12の番号が描かれた木の棒「スキットル」めがけて投げる棒「モルック」を投げ当て、倒れた本数や当てた数字の数を足して相手よりも早く目標点数到達までを競うスポーツです。

今回は基本のルールに加えて佐世保青年会議所独自のルールを加えて行われ白熱したゲームが多数繰り広げられました。

チームは役職、委員会関わらずランダムに編成され、普段話す機会が少ない会員同士で組まれます。初めは慣れないルールや競技に戸惑いつつでしたが、次第に競技を通じてチームメンバーで協力し、相手チームより早く目標点数を目指して協力して競技する姿も多く見られ、会員同士の交流を深めることが出来た例会企画となりました。

事業を通して

コロナ禍の影響により様々な事業が中止やリモート開催などで規模・内容の縮小が相次ぐ中、今回の例会も感染拡大防止対策を最大限実施しての開催となりました。

全面リモートへ移行しての開催も視野に検討も進められましたがこのような状況だからこそ、佐世保青年会議所一丸となって活動することの意味を考え、今後の活動に活かしていくきっかけとなる例会でした。

引き続き新入会員を募集します。

今月ご入会頂いた新入会員の皆さんを含め現在79名です。
引き続き佐世保青年会議所では2021年度の新入会員を募集しています。

青年会議所で経験することが出来る様々な実践トレーニングは幅広い分野において活かすことができ、会員は各界で社会に貢献しています。

地域の経済界を支える経営者、地方議員、諸団体のリーダーだけでなく、会社員の方も活躍しています。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 8月未来発進例会〜未来に向けて発進して発信しよう〜

  2. 一陽来復(いちようらいふく)

  3. 99 ISLANDS FESTIVAL【プレスリリース】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP