2021年度理事長所信

 現在、世界は100年に一度といわれる世界規模の危機に直面しています。我々が住み暮らす佐世保においても、新型コロナウイルス感染症や集中豪雨などの自然災害の発生により、大きな変化を余儀なくされ、将来に向けての対応を迫られています。世界が苦境に追いやられている今だからこそ、1953年の創立以来67年間ひたむきに市民意識変革の先導役として様々な奉仕活動や社会的課題に積極的に取り組んできた青年会議所の本質を見つめ直し前進していくことが必要です。また、様々なものや人々の意識の変化が起きたからこそ、立ち止まることなく物事を前向きに捉え、新しい価値観を生み出し、より良い社会を創造し、新たなステージへと昇華させていかなければなりません。 

本年は、会員一人ひとりが若者らしく活力を持って挑戦し、明るく前向きに活動することで魅力溢れる人材へと成長できる組織を目指し事業を展開しております。2021年度はその想いを受け継ぐとともに、会員一人ひとりが佐世保の更なる明るい豊かな社会の実現に向け、失敗を恐れず新たなことに挑戦することで、変化に強い人財を目指します。また、刻一刻と社会情勢が変わり続ける中、迅速な対応ができる強固な組織を構築してまいります。 

まずは、我々の理念に共感し地域が抱える問題や課題に向き合って活動でき、共に成長できる仲間を増やすために、積極的な会員拡大をして組織の原動力を高めていきます。そして、この混沌とした世の中を乗り越えていくために、様々な逆境に動じることのない青年経済人としての資質を向上させ、地域経済を活性化させる先導役となります。さらに、青年会議所の活動がSDGsの目標とリンクしているからこそ、本年は各事業を通して会員にSDGsを周知させていき、佐世保青年会議所としても推進していきます。また、未来を創る子どもたちの将来を見据え、都市機能と豊かな自然を併せ持つまちの特徴を最大限に活かし、感受性豊かな子どもたちを育成していきます。そして、全ての方たちに佐世保青年会議所に対する理解度を高めていただき、より信頼され魅力ある団体と感じてもらうために、他人事ではなく自分事として共鳴できるような分かりやすい情報発信を行います。さらに、我々の住むまちは日米の基地が共存するまちであるとともに、アジアを中心とした外国人が訪れるまちとして国際色豊かな交流と賑わいを持つ類い稀な地域特性を持っております。これらの資源を活かしながら地域の活性化につなげてまいります。また、個人の成長の幅を広げるために、出向や国内外の各種大会等で得られる学びや経験ができる機会を与えてまいります。 

最後に、私自身率先して、この状況に立ちとどまるのではなく、ピンチを未来への変革のチャンスであると前向きに考えて、これまで以上に、地域のため人のために行動できるリーダーに成長していく所存です。皆様方のご支援、ご協力をお願い致しまして2021年度理事長所信とさせていただきます。 

一般社団法人佐世保青年会議所
第68代理事長 山縣 昌彦

TOP
TOP