ダイバーシティ推進委員会

 今日では、少子高齢化による人口減少や県外流出による生産年齢人口が減少しているものの、地域社会では外国人や社会的弱者の方にも活躍の場が求められてきています。一方で、働く現場では価値観の多様性を求める声や心の病気等の支援を求めている人も増えてきており、このまちを取り巻く環境は、変化を求めています。明るい豊かな社会を目指し、我々が率先して多種多様な人々が活躍できる社会を推進する必要があります。
 まずは、年間を通じて積極的な会員拡大に取り組みます。そして、委員会運営においては、各々が使命感を持って活動して頂くために、各事業における目的を明確に共有することで、自発的な行動を生み出し会員の成長に繋げます。また、何事にも青年らしく元気をもって刻石流水の精神で行動することで、他委員会との懇親を深め各々の情報の共有を行います。さらに、多種多様な人が活躍する社会でのリーダーとしての担いを理解するために、事業を通し地域社会を取り巻く環境や多様化された社会での問題や手法を学び、各々が取り組むべき課題を明確化することで、このまちで我々が先導者となってダイバーシティの推進をしていきます。そして、地域社会を巻き込み、より多くの人に多様化された社会についての内容や考え方に興味を持っていただくために、行政や関係諸団体等と連携することで、広域的な周知や推進活動を行います。また、多様な人が活躍していく社会を推進していくために、多種多様な参加者が一つの場で交流することで、参加者が様々な個性や可能性を体感し多様性への理解に繋がる事業を行います。
  これらを通して、地域の活性化を担う青年としての資質が向上され、このまちに多種多様な人の個性を活かすことができるダイバーシティという考えが浸透し、人々が『来たい 住みたい』と思える魅力あふれるまち佐世保の実現の礎が築かれます。

情報公開