災害関連委員会

近年、各地で大規模な自然災害が発生する中で、行政や関係機関、佐世保青年会議所も積極的に支援活動や防災減災について事業展開を行ってきました。しかし、全国的に自然災害が少ない佐世保では、市民の災害に対する心構えや備えが十分とは言えません。そこで、我々が行政や関係機関と連携をとり、市民を巻き込んで事業を展開していくことが必要です。

まずは、委員会メンバー一人ひとりに役割と責任を与えることで、当事者意識を持って活動を行ってまいります。そして、委員会メンバーで多くの時間を共有する中で信頼関係を築き上げます。また、その中で常に先を見据えた洞察力を磨き、何事にも諦めることなく挑戦し、積極的に事業へ参加することで、委員会メンバー一人ひとりの自己成長に繋げてまいります。さらに、当委員会が率先して他の委員会と交流することで、会員間で情報を共有し、連携を強化し、絆を深めます。そして、一年間を通して有事の際には災害支援活動を行います。また、家族や会社を守るために必要な知識と行動力を高める事業を実施することで、全会員に防災減災の重要性を再認識していただきます。さらに、自然災害に対する防災減災のあり方について、行政、関係機関と連携して防災ネットワークを広げることで、災害の被害を最小限に留めるための体制を強化致します。そして、市民に防災減災への関心を持っていただくために、行政や関係機関と連携して地域に根差した事業を実施致します。

一年間の活動を通して、市民の自助力・共助力が高まり、より一層安心、安全なまちを目指します。また、全会員が人のために行動できる人材へと成長することで、まちの発展を先導していくリーダーとなり力強い存在感のある組織を実現します。

年間事業計画書 災害関連委員会